16:20〜17:05

IoT で取得したデータの活用例として機械学習を用いた予測・判断のモデルを作成する「AIoT」のような取り組みが注目を集めています。

その中でも特に、エッジ側で機械学習の推論を実行するエッジコンピューティングへの関心が高まってきています。

一方で、エッジで処理する情報とクラウドに上げるデータの切り分けや、機械学習での再学習やエッジへのデプロイに至るまでの運用プロセス、必要な通信帯域やコストの見積もりなど、エッジコンピューティングによるAIoT を実装するためには様々な要素を検討する必要があります。

本セッションではエッジによる機械学習の実現方法をAWS IoT Greengrass やAmazon SageMaker といったサービスを中心に紹介させていただきます。

市川 純氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

プロトタイピングソリューションアーキテクト

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • SORACOM SHOP
logo_soracom_sample-04t.png

Copyright © 2015-2019 SORACOM, INC.